376円 ☆新品☆パナソニック 15A・20A兼用埋込アースターミナル付接地コンセント WN1931 125V ☆領収書可能☆ 花・ガーデン・DIY 木材・建築資材・設備 電設資材 コンセント ☆新品☆パナソニック 15A 20A兼用埋込アースターミナル付接地コンセント ☆領収書可能☆ 125V メーカー直送 WN1931 /engrammatic1284820.html,36so.jp,WN1931,☆新品☆パナソニック,花・ガーデン・DIY , 木材・建築資材・設備 , 電設資材 , コンセント,376円,125V,15A・20A兼用埋込アースターミナル付接地コンセント,☆領収書可能☆ 376円 ☆新品☆パナソニック 15A・20A兼用埋込アースターミナル付接地コンセント WN1931 125V ☆領収書可能☆ 花・ガーデン・DIY 木材・建築資材・設備 電設資材 コンセント /engrammatic1284820.html,36so.jp,WN1931,☆新品☆パナソニック,花・ガーデン・DIY , 木材・建築資材・設備 , 電設資材 , コンセント,376円,125V,15A・20A兼用埋込アースターミナル付接地コンセント,☆領収書可能☆ ☆新品☆パナソニック 15A 20A兼用埋込アースターミナル付接地コンセント ☆領収書可能☆ 125V メーカー直送 WN1931

☆新品☆パナソニック 15A 20A兼用埋込アースターミナル付接地コンセント ☆領収書可能☆ 125V 海外輸入 メーカー直送 WN1931

☆新品☆パナソニック 15A・20A兼用埋込アースターミナル付接地コンセント WN1931 125V ☆領収書可能☆

376円

☆新品☆パナソニック 15A・20A兼用埋込アースターミナル付接地コンセント WN1931 125V ☆領収書可能☆



※VVF・VVR・IV・CV等、各種ケーブルも販売しておりますので、
 ぜひご覧ください。

☆領収書が必要な場合は、ご指示いただければ対応いたします。
  法人印のある領収書を発行いたします。

☆新品☆パナソニック 15A・20A兼用埋込アースターミナル付接地コンセント WN1931 125V ☆領収書可能☆

人気ブログランキング | 話題のタグを見る
児童養護施設の子どものメンタルケアの拡充求め、提言を厚生労働大臣に提出
 児童養護施設の児童の内「虐待経験あり」は65.6%、厚生労働省調査
 虐待は、子どもの危機を脱する支援、安全の確保も重要であるが、虐待の後遺症、心的外傷等の長期的なケアも必要である。子どもの成長と成人後の心身の健康や、生活の安定、人間関係等に影響する=世代間連鎖を防ぐ。
【トラウマ、愛着関係の問題、不安、自己肯定感・自尊心の欠如等】
 つまり児童養護施設等、子ども支援の施設にとって、子ども虐待へのケアは優先すべき課題であると言えるだろう。
 福祉新聞 ニュースクリップ
 「厚生労働大臣に対し提言を提出
 施設職員対象のメンタルケア研修義務化等を含む。
 施設出身者調査、7割が虐待の後遺症の生きづらさを抱え、
 しかし施設等で精神的ケアの経験有は4割弱」
 虐待の連鎖とは、虐待を経験した子どもが親となった時に虐待をしてしまう。
 いろいろな条件が重なったときに起こりやすく、それらは、「経済的余裕がない」「身近に相談できる相手がいない」「育児不安」などを背景にしている。

 個別的な支援の重要性は「児童の権利に関する条約」にも規定されており、虐待等への個別ケアが求められている。
 また、虐待の子どもへの影響として、暴力の直接的なものとして死亡、頭蓋内出血・骨折・火傷などによる身体的障害が挙げられる。
<虐待され、さらに他者や家族からも守られなかった、保護してもらえなかった幼少期のトラウマを経験して生きる。
 経験した失望や問題に押しつぶされてしまった、そして無力感。他者から侵入されること>
 後遺症として、暴力の被害体験からトラウマ(心的外傷)を持ち、そこから派生する様々な精神症状(不安、情緒不安定)、栄養・感覚刺激の不足による発育の問題、安定した愛着関係を経験できないことによる対人関係障害(緊張、ひきこもり)、自尊心の欠如(低い自己評価)等、様々な内容、程度の影響がある。
 虐待の世代間連鎖 -傾向を指摘する文献もある
児童虐待とは
①身体的虐待(殴る,蹴る等、身体的暴力)
②心理的虐待(子どもの情緒的発達を阻害する無視や暴言)
③性的虐待,④ネグレクト(養育の放棄・怠慢)に分類されることが多い。
 なお、虐待を判断するに当たっての考え方として
「虐待の定義はあくまで子ども側の定義であり、親の意図とは無関係です。その子が嫌いだから、憎いから、意図的にするから、虐待と言うのではありません。親はいくら一生懸命であっても、その子をかわいいと思っていても、子ども側にとって有害な行為であれば虐待なのです。我々がその行為を親の意図で判断するのではなく、子どもにとって有害かどうかで判断するように視点を変えなければなりません」(小林美智子,1994)
 また、保護者の状況、生活環境等から総合的に判断するべきである。

厚生労働省の調査によると
【児童養護施設入所に至った理由「虐待」が45.2%】
 養護問題発生理由 社会的養護
 養護問題発生理由について、一般的に「虐待」とされる「放任・怠だ」「虐待・酷使」「棄児」「養育拒否」を合計すると、里親は全体の39.3%(前回37.4%)、児童養護施設は45.2%(前回37.9%)、
児童心理治療施設は39.6%(前回50.0%)、児童自立支援施設は19.4%(前回41.7%)、乳児院は32.6%(前回27.1%)、ファミリーホームは43.4%(前回38.4%)、自立援助ホームは45.5%(前回35.6%)となっている。

児童の被虐待経験の有無、虐待の種類 社会的養護
「虐待経験あり」の割合をみると、里親で38.4%(前回31.1%)、児童養護施設で65.6%(前回59.5%)、
児童心理治療施設で78.1%(前回71.2%)、児童自立支援施設で64.5%(前回58.5%)、乳児院で40.9%(前回35.5%)、母子生活支援施設で57.7%(前回50.1%)、ファミリーホーム53.0%(前回55.4%)、自立援助ホーム71.6%(前回65.7%)となっている。

児童養護施設とは
 児童福祉法に定められた児童福祉施設の一つである。
1997年の児童福祉法改正では、養護施設から児童養護施設と改称された。その機能もたんに養護するだけでなく、退所後の児童の自立を支援することが機能として付け加えられた。施設形態には大舎制、中舎制、小舎制、グループホームなどの形態がある。

心的外傷とは
 トラウマともいう。災害,事故,犯罪被害,暴力,虐待など,これまで築いてきたストレスへの対処能力を超える出来事に遭遇し,その反応として生じる心理的・感情的苦痛を伴う精神的な変調状態をいう。極度のストレス体験の後,心的外傷反応は一過性のものとなる場合が多いが,一部の人は慢性化し,心的外傷後ストレス障害(PTSD)として診断されることがある

精神科医療と、新型コロナウイルス感染拡大
精神疾患・精神障害者も、地域生活において、もしくは精神科医療の場・精神病院で、新型コロナウイルスの脅威に晒されている。
 しかし問題はそれだけではない、社会的入院などが「何も変わっていない」のか】
 「社会的入院」とは、積極的な医学的治療は要しないが、地域生活の支援、ケア等の受け皿がないために、入院が継続することである。
 筆者も精神医療・精神科リハビリテーションに従事する一人のソーシャルワーカーでもあり、実感している現実だ。

 精神疾患のコロナ陽性患者の都内の入院先である<都立松沢病院コロナ専門病棟>の1年間密着ドキュメント=精神医療とコロナ
「ETV特集 精神科病院×新型コロナ ドキュメント」
「精神疾患があるが故,一般の病院で受け入れ困難とされた人達
 患者の声『社会に殺される』
 番組前半は、昨年,報道された,武蔵野中央病院(精神病院)の、新型コロナクラスターと、その支援にあたる都立松沢病院コロナ病棟。
 上記は、精神疾患の方の、新型コロナ患者の<いのちの最後の砦>と言えるだろう。

【番組後半、コロナが明らかにした、精神医療の根本的な問題に、踏み込んでいく】
1.「精神科病院でのコロナ感染、クラスター発生は、報道されず隠されている」看護師の証言
匿名の精神病院で発生した、百名を超えるクラスター。都立松沢病院に搬送されてきたコロナ患者は、骨にまで達する重度の床ずれがあった。
不適切な隔離。劣悪な処遇=「大部屋に詰めて布団が敷かれ、ポータブルトイレは部屋の中央に置かれた。囲いも何もなく、音も全て聞こえる中で排泄するしかなかった病棟」
・「精神科特例」=精神科のみ医師、看護師が少なくても良い特例が、クラスター発生と、その後の対処の問題の要因とも言えるだろう。

2.精神疾患の長期入院<精神病院と入院患者の二極化>
・「30年間の入院」=匿名の精神病院にしか居場所がない。帰る場所はない。
親なき後、きょうだいが面倒をみる。しかし、きょうだいなき後は、どうなるのか?拠りどころが無いという現実。
都立松沢病院「医療レベルが高い病院と付き合うことが多かったが、<日本の精神病院の標準は、長期入院に、隔離、古い病棟ではないのか>
・しかし、精神病院にしか居場所がない患者も少なくないのが現状であり「必要悪なのか」と苦悶する松沢病院のソーシャルワーカー。
 社会的入院では片付けられない、病棟にしか生きる場所がない人々。

3.精神病院の塀が守っているものとは、何か?
・日本精神科病院協会会長は「社会秩序だよ。私たちは保安も担っている」明言した。
塀のなかに、社会が見たくないものを閉じ込めていると、都立松沢病院の元院長。
精神病院に精神疾患・精神障害者は排除されている。塀は社会が見たくないものを隠蔽している。
しかし、精神病院の内にも、閉鎖されていても社会があり文化がある。そこで生活している人々がいる、物語がある。ただの場所ではない】
 いのちは平等で、医療も平等な日本のはずだが、コロナは矛盾を増幅した。
「何かが起きたときに、ひずみは 必ず脆弱な人のところにいく」
 管理的で閉鎖的な精神病院への社会的入院から、退院を促進し、地域精神医療・地域生活支援に移行していった「はずだった」。
 しかし、精神医療の基幹は変わっていないのか?



「東京都中から精神疾患のあるコロナ陽性患者を受け入れている都立松沢病院のコロナ専門病棟。
次々とクラスターが発生し、精神疾患があるが故に一般の病院での受け入れが困難とされた人たちが運び込まれる。
ここにカメラを据えると、受け入れを拒む家族、ひっ迫する医療体制の中で葛藤する医療者たち、行き届かない行政の指導の実態が見えてきた。コロナがあぶり出した日本の精神医療、その実態の記録」



【キッカケプログラム=全てオンライン・無料で学習プログラムの受講と、PC・WIFIも無償貸与 認定NPO法人カタリバ】
 PCやタブレットと、通信環境があれば、子どもの教育の「障壁」=都会に偏在した教育資源、親の経済力による機会や体験の格差、ハンディキャップも「バリアフリー」が図れます。
 <様々な生活・教育の困難の世代間連鎖の予防を図るために>
 また、ネットへの接続は、子どもが大人の理不尽な暴力、権利侵害から自分を護る「盾」にもなり得ます。諸刃の剣でもありますが。
 【バリアフリーと盾】を全ての子どもの手に!「キッカケプログラム」は、それを実現する有意義な事業だと私は考えます
 PCと通信環境へのアクセスの自由を、もし困窮世帯の子どもたちが手に出来ないとしたら、絵に描いた餅になり、新たな格差の拡大、世代間連鎖に繋がります。
<昨年度、拡散にご協力して下さった皆様、もう一度、お力添えを何卒よろしくお願い申し上げます!>
・ご縁がありました「認定NPO法人カタリバ」から【キッカケプログラム】の案内の配布・拡散を依頼されました。

<皆様のお知り合いの個人やご家族、グループ、施設に、お知らせ頂けますように、お願い申し上げます、下記、ご案内>
 認定NPO法人カタリバは、経済的困難を抱える家庭の高校生に無料のオンライン学習ツールやキャリアプログラムの提供を行っています!(PC・WIFIも無償貸与します)
 この度、高校生の枠を大幅に増加いたしましたので、ぜひ必要な方に届けたくご連絡させていただきました。
 以下にあてはまると思った方はぜひご検討ください。
・塾に通うことが金銭的に難しい
・将来の進路選択に不安があったり、それを相談できる人がいない
・部活や習い事など、本当はやりたいことがあるが金銭的に諦めている

<キッカケプログラムの概要>
*内容
【全てオンラインかつ無料】学習ツールの利用・キャリアプログラムの受講ができます!(PC・WIFIも無償貸与します)
*プログラム期間
 2021年9月中旬~3月(以降、継続申請により継続可)
※スケジュールは多少前後する可能性がございます。ご了承ください。
*申込期間
一次募集:6月15日(火)~7月31日(土)23:59
二次募集:8月1日(日)~8月21日(日)23:59
*応募対象家庭
・現在高校生で、ご自身の家庭が以下①~④いずれかに該当する方
①生活保護②非課税世帯③児童扶養手当④就学援助/高校生給付型奨学金

*こんな子におすすめ!
・塾に通うことが金銭的に難しい
→多くの塾に導入されているAI学習ツールを好きなだけ使って勉強することができます!
・将来の進路選択に不安があったり、それを相談できる人がいない
→週に1回、大学生や若手社会人のボランティアメンターが話を聞いてくれます!
・部活や習い事など、本当はやりたいことがあるが金銭的に諦めている
→プログラミング講座・英会話・イラスト講座などもあります!(上記AI教材含め、いずれか一つに限ります)

*応募方法

※応募条件を元に審査を行い、2021年8月下旬~9月上旬までに採用者を決定します。
*詳細は、添付の案内をご参照下さい。
【追記:紙の案内をご希望の方、ご連絡ください】

筆者の福祉施設、事業所の職員研修【無料】登録講師派遣事業 東京都 福祉施設職員のストレスケア研修、障害者支援事業所の新人職員等基礎研修
 ブログ筆者が東京都(運営は社会福祉協議会)から委託を受け、事業所に出向き、もしくはオンラインで職員研修を行います。無料です。
 当ブログ筆者は、東京都福祉保健局の委託を受け、福祉施設職員をサポートするための研修を都内120ヵ所程の福祉施設で実施してきました。「福祉施設職員のストレスケア研修」を中心に、「障害者就労支援のための面接スキル」「障害者支援事業所の新人職員等基礎研修」、障害者福祉施設や生活困窮者対象のグループワーク等の研修を実施してきました。
 東京都「登録講師派遣事業」の制度は、都福祉保健局の委託により、研修講師(筆者)が都内の福祉事業所等に出向いて、職員研修を行います(東京都社会福祉協議会が運営)。
 筆者の約25年間の社会福祉実践(精神科デイケア、生活困窮者の相談、地域福祉活動)の経験や事例、研究を活かした研修を行っています。
 社会福祉士、精神保健福祉士、介護福祉士養成に携わってきた教員としての知識も活かしています。

 【筆者の担当研修一覧
科目№  科目名  職員研修の内容
89 障害者就労支援のための面接スキル  就労移行支援事業所等の、就労や自立を支援するための面接、訪問等、利用者とのコミュニケーション、相談技術の基礎を解説します。電話相談にも応用可能です。
 面接の実際や事例も交えながら解説します。障害者の地域生活の支援や、社会的孤立と危機を防ぐための考え方等も学びます。
90 障害者支援事業所の新人職員等基礎研修  障害者福祉分野が初めての職員の方等を対象に、障害者支援の視点や考え方、職員の倫理、姿勢、コミュニケーション、職員のセルフケアなどの基礎を、事例も用いて解説します。
 障害者支援に関わる職員の資質向上もテーマに、障害者支援の基礎、マインド、理念等を共有し、職員の皆様と事業所を支える研修です。
199 福祉施設職員のストレスケア  事業所職員のメンタルヘルスや、燃えつき等にも関わる、職員のストレスケア。困難の原因と、ストレスのセルフケアの方法等を事例も用いて学びます。
 障害者支援や高齢者介護等の職務を続けていくために、ストレスマネジメント、感情労働の理解などにより、職員の皆様と職場をサポートする研修です。支援の質の向上を図ります。
200 課題解決の方法 スーパービジョンの基礎  福祉事業所における困難な課題と、その解決の方法としてのスーパービジョンの基礎を解説します。
 障害者・高齢者等福祉施設において、何が苦しく、難しいのか、困難の要因を考えます。また、課題解決の方法として、スーパービジョンの実施とその課題、職員間のピア・サポートのあり方等の研修です。
275 福祉施設職員の職業倫理、ハラスメント予防 事例から学ぶ  障害者支援員や高齢者介護職等の職業倫理を、事例やチェックリストなどを用いて解説します。障害者・高齢者・児童福祉施設等における虐待・ハラスメントの予防を図る研修です。
 福祉事業所の職員の理念、倫理、福祉マインド等の基礎を学び、資質向上を図ります。
300 福祉施設職員の人間関係 事例から学ぶ  職員のストレスや、支援の質にも密接に関連する職場のコミュニケーション。その課題と改善に向けた取り組みの方法を、事例も用いて解説します。事業所内の人間関係の改善と、職員の離職予防を図る研修です。
 障害者や高齢者等施設の、職員間の人間関係のストレスとその対処を中心に、コミュニケーションの基礎を学びます。
301 面接の基礎 バイステック7原則から学ぶ援助関係の構築  相談や訪問における面接の基礎、利用者との人間関係の構築、良好なコミュニケーションの方法を「バイステックの7原則」を基盤に、事例も交えて学びます。
 障害者や高齢者、児童、生活困窮者等、利用者との援助関係の難しさに、バイステックの7原則はどのように応えているのか、関わりの姿勢、視点などを解説します。
345 生活保護・生活困窮者の面接・訪問スキル<ケースワークの基礎>  生活困窮者や生活保護受給者等を対象とした相談・訪問の技術の基礎と、支援の視点と姿勢を学びます。
 また、アルコール等の依存症を理解し、依存症者支援の方法などの基礎を、精神保健福祉の視点から解説します。自立支援・生活支援等を事例から考える研修です。
346 生活保護・生活困窮者対象のグループワーク実践  生活保護受給者、生活困窮者等を対象としたグループワークのプログラムと援助技術を、講師の20年間程の公的扶助グループワークの実践もふまえ解説します。
 また精神保健福祉の視点から、アルコール・薬物・ギャンブル依存症者の回復支援、コミュニティワークの課題等も学びます。
347 こども食堂のつくり方・続け方講座<福祉施設編>  福祉事業所が取り組む、子ども食堂・食料支援の始め方や、活動継続の方法等について解説します。
 障害者・高齢者・児童福祉施設等による、こども食堂や多世代食堂の取り組みが、各地で行われています。子ども食堂の立ち上げ方や、運営、コーディネート等を学びます。福祉施設の社会貢献、地域共生社会づくりを目指す研修です。
348 社会福祉士受験対策講座  社会福祉士国家試験受験対策の勉強の方法、重要項目を学びます。高い合格率を実現した、18年間の社会福祉士試験受験対策講座や、国家試験問題解説の蓄積を活かします。

     276 福祉施設におけるグループワークの理論 基礎編
     障害者支援事業所等におけるグループワークのプロセスや、プログラム立案と実例、その多様な形態などを、
    事例も用いて学びます。
     利用者の人間関係と生活の質の向上等を図るグループワーク。更なる拡充を目指して、集団支援技術の基礎を
    解説します。社会福祉におけるグループワークの理論を中心に学びます。


申し込み締切日:2021年05月26日(水)
事前に、新規団体登録が必要です。ご注意下さい。
詳細は、下記をご参照下さい。

お問い合わせ先
東京都福祉人材センター研修室
TEL:03(5800)3335




ゴールデンウイーク連休中の、生活費や食事、住まいにお困りの方のための、相談窓口 全国版 行政・民間
GWの、各地の公的・民間の生活相談、食料支援、住まいの相談等をお知らせします【随時、更新中】
 連休中、福祉事務所等の公的相談機関は、お休みが多いのですが、
 GW期間の臨時相談窓口・メール相談を行っている行政機関、民間団体も各地にあります。
 生活にお困りの方、連休で誰にも相談できないと、あきらめる前に、ぜひ、お早めにご相談下さい。
 食事、収入、住まい、健康等、多様な生活の困りごとには、様々な民間、公的なサポートがあります。相談の内容によって、ご本人の希望に沿って、住居確保給付金等の公的支援に繋げる窓口もあります。
※詳細は、リンクからご確認ください。
【行政機関のGW臨時相談】
1.横浜市の、GW連休の相談窓口、電話・メールの相談も
 新型コロナウイルスの影響等により、生活にお困りの方の臨時相談窓口 5月1~5日
 「住居を失い寝泊まりする場所がない方に、宿泊場所と食事を提供
 生活保護、住居確保給付金の申請のご希望があった場合は、申請書類を受け付けます」
 詳細

2.江戸川区の連休臨時相談 電話・メール
くらしごと相談、生活保護相談
 ゴールデンウィーク中、生活に困窮されている方の臨時相談をお受けします。
 5月1日から5日 午前9時から午後5時
 相談方法:電話またはメール
 専用電話03-5662-8169
 メール相談は下記に

3.豊島区の臨時相談窓口
「5月3日(祝、月)~5月5日(祝、水)は下記の場所・時間において臨時窓口を開設します。
  【場所】豊島区役所1階 センタースクエア
  【時間】午後1時~午後5時15分」

4.大阪市のの電話窓口
生活に困窮し、連休期間中に食料や住む場所を確保することができない方のお問合せ先
5月1日から5月5日 午前9時から午後4時
福祉局自立支援課緊急支援担当
電話 06-6208-9923
お問い合わせに対応します」

<他、新宿区等の行政機関が、GW連休中の臨時相談を行っています>

【公的な相談窓口】
5.東京都の連休臨時生活相談
TOKYOチャレンジネット、5月3日臨時開所
 東京都は、ネットカフェ等で寝泊まりしながら不安定な就労に従事している方や離職されている方に対して、
 サポートセンターを設置し、生活支援、居住支援、就労支援、資金貸付相談等を実施しております」
詳細

【民間の相談等のサポート】一部を情報提供
「5/2(日)~5/5(水) 時間:11:00-17:00
 連絡先:050-3613-9821(5/2~5/5のみ) 相談窓口もあります。
 ひとつでも当てはまる方は気軽に相談してください。
 住まいがない、なくなりそう/寮をでないといけない
 家賃を滞納していて、払える見込みがない
 ネットカフェ等24時間営業店舗で過ごしている
 仕事を探しているが、なかなか見つからない
 新型コロナの影響で生活が苦しくなったが、どこに相談していいかわからない
 所持金が10万円を切っていて、今後の収入も期待できない
 家を借りたいが、お金がない、保証人がいないので借りられない」
 
 「ゴールデンウィークに住む部屋がなくどうしようとお悩みの方、私たちにご相談ください。
 家電寝具の揃ったワンルームマンションに即日入居出来ます。
 生活保護受給までの食料支援もございます。
 ゴールデンウィークは生活困窮されている人達にとっては死活問題の週間です。
 一人でもお部屋がない状況から脱するお手伝いを連休中も休まず実施いたします」

8.生活仕事サポート千葉 <千葉>
 「ゴールデンウィークでも、生活困窮と住居、仕事のご相談は「LINEで相談」で受付しています
 生活困窮の相談
 生活保護申請のお手伝い
 住居の相談
 就労の相談
 千葉市で生活に困窮している方の「生活支援」と「就労支援」をしています。
 住居に困っている方には、保証人不要で入居できる「お住まい」を千葉市内(若葉区、花見川区、稲毛区)でご提案させて頂いております。
 医療機関と連携しておりますので、通院のお手伝いもいたします。
 食事の心配もいりません。仕事探しもお気軽にご連絡ください」

「GW大食堂開催概要
日時:5月3日(月)15 時~18時および5月5 日(水)12 時~18時
場所:聖イグナチオ教会(東京都千代田区麹町六丁目5番地1)
費用など:無料・予約不要
・生活相談
・女性相談
・外国人相談(通訳あり)
・医療相談(医療者おります。通訳あり)
・法律相談
・調理されたお弁当のお渡し
・その他、食料品や生理用品・子ども用おむつなどのお渡し
☆会場には労働・生活問題についての相談ができる専門スタッフがおりますので、困ったことがあればお気軽に相談してください!」

10.AREX 自立支援センター<大阪>「生活困窮、生活保護の相談を受け付けておりますので、ご相談ください
 即日入居可能なお部屋をご提供致します
 公式LINEからのご相談
 https://lin.ee/BD6V7Gx
 電話からのご相談06-6556-6090」

<東京>「5月中の火曜相談:4日、11日、18日、25日
時間・場所:11時~17時にもやい事務所(新宿区山吹町362番地)」

12.第2回 北区フードバンク <東京・赤羽>
5月4日 13:00~16:00 赤羽公園(JR赤羽駅南口徒歩3分)
 会場にて、なんでも相談会を同時開催
 基本セット(1日程度の食材)を500セット用意出来るよう準備を進めています

 「大型連休中の対策として子どもの居場所確保の為、子ども食堂を開放しております
 期間は5月5日まで 開放時間は10時~夕方頃まで」
 
 3日(月) こどもの日

 
【民間 社会福祉協議会】
GW期間中の相談窓口の臨時開所について
令和3年5月4日(火)午前9時~午後2時まで
総合相談を臨時で開設いたします。
様々な相談に対応させていただきます」

<情報提供を随時更新、追加します>

 【生活に困ったときは、相談を】
 現役世代、子育て家族等、幅広い人々が、今この時も、生活に困窮しています。
 生活、仕事、医療、子育て、学生生活にお困りの方、孤独、孤立に悩んでいる方、ぜひ、ご相談下さい。
 食料品が欠乏し、低栄養状態になり、健康を損なってしまうと、再就職、生活再建も困難になってしまいます。
 一人ではありません。